茨城県潮来市看板のすぎやま工房奮闘記。


by sugiyamakobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『子は親の鏡』と云う詩

金曜日はみぶの授業参観だったみたいで・・。
でも幼稚園の授業参観って・・・。ナニスンノ^^;
ヨメサンから土産話だけ聞いた。みぶって笑える・・。fufufu
そんな親バカなワタシです。

そんな中、幼稚園の園長先生からいただいたという、プリントの中にあった、ドロシー・ロー・ノルトさんの詩を読んでしまった・・・。
皇室御用達らしく、皇太子さまが朗読して、有名になった詩と言う事でした。じゃぁ読まずにいられないよね・・・。

==============================

『子は親の鏡』

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる
親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる
叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない

誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
やさしく、思いやりをもって育てれば、子どもは、やさしい子に育つ
守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、
子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる

==============================

う〜んわかりやすい。だからあっという間に読める。

子供に対してというより、
この詩は自分に問いかけてる・・・。
自分ってどうだろう・・・。

『鏡』なんだネ・・・。ww
ドキッ・・。

インクジェットでプリントしてどっかに貼っておこうかな・・。

こんなサイトもありました。
http://www.php.co.jp/bookstore/dr.html#2
[PR]
by sugiyamakobo | 2006-06-25 11:58 | 私のマイブーム